<主宰者プロフィール> 

和田純子

 

(オルガニスト・合唱指揮者)

ウィーン国立音楽大学オルガンコンサート科卒業、

同修士課程を満場一致の最優秀成績にて修了。

国家演奏家資格(ディプロムA)取得。

オーストリア政府より『栄誉賞』受賞。

さらにブレーメン国立音楽大学古楽科オルガン専攻で

歴史的オルガン演奏の研鑽を積む。

オルガンを廣野嗣雄、鈴木雅明、M.ラドゥレスク、

H.フォーゲルの各氏に師事。

在学中にブルージュ国際オルガンコンクール入賞、

インスブルック国際オルガンコンクール入選。

ウィーン・フリーデンス教会オルガニストを務める。

帰国後はICU大学副オルガニスト、カザルスホール専属オルガニスト、新潟市民芸術文化会館専属オルガニストを歴任。

現在、日本聖公会神田キリスト教会主任オルガニスト、聖歌隊指揮者、軽井沢ヴィラセシリア音楽堂主宰。女声合唱マーガレット・コンソート指揮者。

これまでにオーストリア、イタリア、スロベニア、フランス、ドイツ、ノルウェーなど海外でのオルガンコンサートに招かれるほか、

国内ではサントリーホール、東京オペラシティコンサートホール、

横浜みなとみらいホールを始め、教会、チャペルでのオルガンコンサートに出演。

オーケストラではNHK交響楽団、日本フィル、東京交響楽団、新日本フィル、東京シティフィル、札響、名古屋フィルと共演。合唱団、アンサンブルとの共演も多い。オルガンマスタークラスの企画、通訳も務め、後進の指導にもあたっている。

CD「軽井沢の3つのオルガン」(レコード芸術準特選盤)

「カヴァッツォーニ・オルガン作品集」をリリース。

主宰する軽井沢ヴィラセシリア音楽堂では日本唯一の

イタリアルネサンス様式のパイプオルガンを設置し、

ルネサンス、バロック時代のオルガン芸術の普及に力を注いでいる。